万葉集 第6巻 1042番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1042番歌はこちらにまとめました。

第6巻 1042番歌

第6巻
歌番号 1042番歌
作者 市原王
題詞 同月十一日登活道岡集一株松下飲歌二首
原文 一松 幾代可歴流 吹風乃 聲之清者 年深香聞
訓読 一つ松幾代か経ぬる吹く風の音の清きは年深みかも
かな ひとつまつ いくよかへぬる ふくかぜの おとのきよきは としふかみかも
英語(ローマ字) HITOTSUMATSU IKUYOKAHENURU FUKUKAZENO OTONOKIYOKIHA TOSHIFUKAMIKAMO
この一本松、幾歳月経ているのだろう。すがすがしい風の音からすると相当年代ものに相違ない。
左注 右一首市原王作
校異 歌 [西] 哥 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:市原王、宴席、天平16年1月11日、年紀、寿、京都、久邇京、地名
タイトルとURLをコピーしました