万葉集 第6巻 910番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻910番歌はこちらにまとめました。

第6巻 910番歌

第6巻
歌番号 910番歌
作者 笠金村
題詞 (雑歌 / 養老七年癸亥夏五月幸于芳野離宮時笠朝臣金村作歌一首[并短歌])或本反<歌>曰
原文 神柄加 見欲賀藍 三吉野乃 瀧<乃>河内者 雖見不飽鴨
訓読 神からか見が欲しからむみ吉野の滝の河内は見れど飽かぬかも
かな かむからか みがほしからむ みよしのの たきのかふちは みれどあかぬかも
英語(ローマ字) KAMUKARAKA MIGAHOSHIKARAMU MIYOSHINONO TAKINOKAFUCHIHA MIREDOAKANUKAMO
神々しいからであろうか。つい吸い込まれるようにのぞき込みたくなる。吉野の滝の、河内(滝壺)は。いつまで見てても見飽きない。
左注
校異 謌歌 歌 [西(訂正)] / <> 乃 [元][金][類][紀]
用語 雑歌、作者:笠金村、吉野、行幸、従駕、宮廷讃美、離宮、養老7年5月、年紀、或本歌、異伝、地名
タイトルとURLをコピーしました