万葉集 第6巻 1067番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1067番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1067番歌

第6巻
歌番号1067番歌
作者田辺福麻呂
題詞((過敏馬浦時作歌一首[并短歌])反歌二首)
原文濱清 浦愛見 神世自 千船湊 大和太乃濱
訓読浜清み浦うるはしみ神代より千舟の泊つる大和太の浜
かなはまきよみ うらうるはしみ かむよより ちふねのはつる おほわだのはま
英語(ローマ字)HAMAKIYOMI URAURUHASHIMI KAMUYOYORI CHIFUNENOHATSURU OHOWADANOHAMA
浜が清らかで浦も堂々とした風情があり、神代の昔から名うての場所で、非常に多くの舟が停泊してきた、大和太の浜には。
左注右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:田辺福麻呂歌集、羈旅、土地讃美、兵庫、地名
タイトルとURLをコピーしました