万葉集 第6巻 1066番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1066番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1066番歌

第6巻
歌番号1066番歌
作者田辺福麻呂
題詞(過敏馬浦時作歌一首[并短歌])反歌二首
原文真十鏡 見宿女乃浦者 百船 過而可徃 濱有<七>國
訓読まそ鏡敏馬の浦は百舟の過ぎて行くべき浜ならなくに
かなまそかがみ みぬめのうらは ももふねの すぎてゆくべき はまならなくに
英語(ローマ字)MASOKAGAMI MINUMENOURAHA MOMOFUNENO SUGITEYUKUBEKI HAMANARANAKUNI
敏馬の浦は立ち寄らないで過ぎて行く舟が多いけれども、どうしてどうして立ち寄らずにはいられないほどすばらしい浜なのに。
左注(右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 七 [西(上書訂正)][元][類][紀]
用語雑歌、作者:田辺福麻呂歌集、羈旅、土地讃美、兵庫、地名
タイトルとURLをコピーしました