万葉集 第6巻 1009番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1009番歌はこちらにまとめました。

第6巻 1009番歌

第6巻
歌番号 1009番歌
作者 聖武天皇
題詞 冬十一月左大辨葛城王等賜姓橘氏之時御製歌一首
原文 橘者 實左倍花左倍 其葉左倍 枝尓霜雖降 益常葉之<樹>
訓読 橘は実さへ花さへその葉さへ枝に霜降れどいや常葉の木
かな たちばなは みさへはなさへ そのはさへ えにしもふれど いやとこはのき
英語(ローマ字) TACHIBANAHA MISAHEHANASAHE SONOHASAHE ENISHIMOFUREDO IYATOKOHANOKI
橘という樹木は樹そのものは言うに及ばず、実も花もその葉さえ、枝に霜が降っても枯れることのない常緑の樹であることよ。
左注 右冬十一月九日 従三位葛城王従四位上佐為王等 辞皇族之高名 賜外家之橘姓已訖 於時太上天皇々后共在于皇后宮 以為肆宴而即御製賀橘之歌 并賜御酒宿祢等也 或云 此歌一首太上天皇御歌 但天皇々后御歌各有一首者 其歌遺落未得<探>求焉 今檢案内 八年十一月九日葛城王等願橘宿祢之姓上表 以十七日依表乞賜橘宿祢
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 樹 [西(上書訂正)][元][類] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 此歌 [西] 此謌 [西(訂正)] 此歌 / 御歌 [西] 御哥 [西(訂正)] 御歌 / 歌[西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 其歌 [西] 其謌 [西(訂正)] 其歌 / 採 探 [元][紀]
用語 雑歌、作者:聖武天皇、元正天皇、作者異伝、讃美、宴席、寿歌、祝い、天平8年11月、植物
タイトルとURLをコピーしました