万葉集 第6巻 949番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻949番歌はこちらにまとめました。

第6巻 949番歌

第6巻
歌番号 949番歌
作者 作者不詳
題詞 (四年丁卯春正月勅諸王諸臣子等散禁於授刀寮時作歌一首[并短歌])反歌一首
原文 梅柳 過良久惜 佐保乃内尓 遊事乎 宮動々尓
訓読 梅柳過ぐらく惜しみ佐保の内に遊びしことを宮もとどろに
かな うめやなぎ すぐらくをしみ さほのうちに あそびしことを みやもとどろに
英語(ローマ字) UMEYANAGI SUGURAKUWOSHIMI SAHONOUCHINI ASOBISHIKOTOWO MIYAMOTODORONI
今を盛りの梅や柳の季節が過ぎるのが惜しいので、その梅柳をひとめ楽しもうと佐保川に外出したばっかりに、宮廷じゅうが大騒ぎになってしまった。
左注 右神龜四年正月 數王子<及>諸臣子等 集於春日野而作打毬之樂 其日忽天陰 雨雷電 此時宮中無侍従及侍衛 勅行刑罰皆散禁於授刀寮而妄不得出道路 于時悒憤即作斯歌 [作者未詳]
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 乃 及 [元][類][古] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、奈良、神亀4年、大夫、地名、神亀4年1月、年紀
タイトルとURLをコピーしました