万葉集 第6巻 950番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻950番歌はこちらにまとめました。

第6巻 950番歌

第6巻
歌番号 950番歌
作者 笠金村
題詞 五年戊辰幸于難波宮時作歌四首
原文 大王之 界賜跡 山守居 守云山尓 不入者不止
訓読 大君の境ひたまふと山守据ゑ守るといふ山に入らずはやまじ
かな おほきみの さかひたまふと やまもりすゑ もるといふやまに いらずはやまじ
英語(ローマ字) OHOKIMINO SAKAHITAMAFUTO YAMAMORISUゑ MORUTOIFUYAMANI IRAZUHAYAMAJI
天皇が山守を置いて管理されている山は入らずにはいられないほどすばらしい山である。
左注 (右笠朝臣金村之歌中出也 或云車持朝臣千年作<之>也)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:笠金村歌集、車持千年、作者異伝、難波、大阪、比喩、恋愛、神亀5年、年紀、掛け合い、地名
タイトルとURLをコピーしました