万葉集 第6巻 951番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻951番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 951番歌

第6巻
歌番号 951番歌
作者 笠金村
題詞 (五年戊辰幸于難波宮時作歌四首)
原文 見渡者 近物可良 石隠 加我欲布珠乎 不取不巳
訓読 見わたせば近きものから岩隠りかがよふ玉を取らずはやまじ
かな みわたせば ちかきものから いはがくり かがよふたまを とらずはやまじ
英語(ローマ字) MIWATASEBA CHIKAKIMONOKARA IHAGAKURI KAGAYOFUTAMAWO TORAZUHAYAMAJI
浜辺に立って見渡してみると、近くにあって岩陰に光り輝いている玉がある。その玉を手中にしないでおくものか。
左注 (右笠朝臣金村之歌中出也 或云車持朝臣千年作<之>也)
校異
用語 雑歌、作者:笠金村歌集、車持千年、作者異伝、難波、大阪、比喩、恋愛、神亀5年、年紀、掛け合い、地名
タイトルとURLをコピーしました