万葉集 第6巻 1029番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1029番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1029番歌

第6巻
歌番号 1029番歌
作者 大伴家持
題詞 十二年庚辰冬十月依<大>宰少貳藤原朝臣廣嗣謀反發軍 幸于伊勢國之時河口行宮内舎人大伴宿祢家持作歌一首
原文 河口之 野邊尓廬而 夜乃歴者 妹之手本師 所念鴨
訓読 河口の野辺に廬りて夜の経れば妹が手本し思ほゆるかも
かな かはぐちの のへにいほりて よのふれば いもがたもとし おもほゆるかも
英語(ローマ字) KAHAGUCHINO NOHENIIHORITE YONOFUREBA IMOGATAMOTOSHI OMOHOYURUKAMO
河口の野辺に仮寝して夜が更けてくると、彼女の手枕が思われてならない。
左注
校異 太 大 [紀][細][温] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:大伴家持、羈旅、行幸従駕、聖武天皇、伊勢、三重、天平12年10月、年紀、望郷、三重県、地名
タイトルとURLをコピーしました