万葉集 第6巻 952番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻952番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 952番歌

第6巻
歌番号 952番歌
作者 笠金村
題詞 (五年戊辰幸于難波宮時作歌四首)
原文 韓衣 服楢乃里之 嶋待尓 玉乎師付牟 好人欲得食
訓読 韓衣着奈良の里の嶋松に玉をし付けむよき人もがも
かな からころも きならのさとの しままつに たまをしつけむ よきひともがも
英語(ローマ字) KARAKOROMO KINARANOSATONO SHIMAMATSUNI TAMAWOSHITSUKEMU YOKIHITOMOGAMO
韓衣のように美しい福良の浜辺に生えている島の松に付けて飾るにふさわしい玉のように美しい人がいてくれたらなあ。
左注 (右笠朝臣金村之歌中出也 或云車持朝臣千年作<之>也)
校異 嶋 (塙)(楓) 嬬
用語 雑歌、作者:笠金村歌集、車持千年、作者異伝、難波、大阪、比喩、恋愛、神亀5年、年紀、女歌、掛け合い、枕詞、地名
タイトルとURLをコピーしました