万葉集 第6巻 1049番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1049番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1049番歌

第6巻
歌番号1049番歌
作者田辺福麻呂
題詞((悲寧樂故郷作歌一首[并短歌])反歌二首)
原文名付西 奈良乃京之 荒行者 出立毎尓 嘆思益
訓読なつきにし奈良の都の荒れゆけば出で立つごとに嘆きし増さる
かななつきにし ならのみやこの あれゆけば いでたつごとに なげきしまさる
英語(ローマ字)NATSUKINISHI NARANOMIYAKONO AREYUKEBA IDETATSUGOTONI NAGEKISHIMASARU
すっかり慣れ親しんだ奈良の都も日ごとに荒れ果て、表に出てみるたびに嘆きがつのる。
左注(右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也)
校異
用語雑歌、作者:田辺福麻呂歌集、哀惜、平城京、荒都歌、奈良、地名
タイトルとURLをコピーしました