万葉集 第6巻 1052番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1052番歌はこちらにまとめました。

第6巻 1052番歌

第6巻
歌番号 1052番歌
作者 田辺福麻呂
題詞 ((讃久邇新京歌二首[并短歌])反歌二首)
原文 <山>高来 川乃湍清石 百世左右 神之味将<徃> 大宮所
訓読 山高く川の瀬清し百代まで神しみゆかむ大宮所
かな やまたかく かはのせきよし ももよまで かむしみゆかむ おほみやところ
英語(ローマ字) YAMATAKAKU KAHANOSEKIYOSHI MOMOYOMADE KAMUSHIMIYUKAMU OHOMIYATOKORO
山高く川の瀬は清らか、この大宮所は百代の末まで続いていくことだろう。
左注 (右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也)
校異 弓 山 [万葉考] / <> 徃 [西(右書)][元][古][紀]
用語 雑歌、作者:田辺福麻呂歌集、久邇京、新都讃美、京都、地名
タイトルとURLをコピーしました