万葉集 第6巻 1051番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1051番歌はこちらにまとめました。

第6巻 1051番歌

第6巻
歌番号 1051番歌
作者 田辺福麻呂
題詞 (讃久邇新京歌二首[并短歌])反歌二首
原文 三日原 布當乃野邊 清見社 大宮處 [一云 此跡標刺] 定異等霜
訓読 三香の原布当の野辺を清みこそ大宮所 [一云 ここと標刺し] 定めけらしも
かな みかのはら ふたぎののへを きよみこそ おほみやところ [こことしめさし] さだめけらしも
英語(ローマ字) MIKANOHARA FUTAGINONOHEWO KIYOMIKOSO OHOMIYATOKORO [KOKOTOSHIMESASHI] SADAMEKERASHIMO
布当(ふたぎ)の野辺は清らかなので大宮所とお定めになったのだろう。
左注 (右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:田辺福麻呂歌集、久邇京、新都讃美、京都、地名
タイトルとURLをコピーしました