万葉集 第6巻 944番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻944番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 944番歌

第6巻
歌番号944番歌
作者山部赤人
題詞((過辛荷嶋時山部宿祢赤人作歌一首[并短歌])反歌三首)
原文嶋隠 吾榜来者 乏毳 倭邊上 真熊野之船
訓読島隠り我が漕ぎ来れば羨しかも大和へ上るま熊野の船
かなしまがくり わがこぎくれば ともしかも やまとへのぼる まくまののふね
英語(ローマ字)SHIMAGAKURI WAGAKOGIKUREBA TOMOSHIKAMO YAMATOHENOBORU MAKUMANONOFUNE
島を巡りながら漕いで来た粗末な船の私。ああ羨ましい。あの船は故郷の大和へ上っていく立派な熊野製の船ではないか。
左注
校異
用語雑歌、作者:山部赤人、羈旅、望郷、兵庫、地名
タイトルとURLをコピーしました