万葉集 第6巻 1057番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1057番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1057番歌

第6巻
歌番号 1057番歌
作者 田辺福麻呂
題詞 ((讃久邇新京歌二首[并短歌])反歌五首)
原文 鹿脊之山 樹立矣繁三 朝不去 寸鳴響為 鴬之音
訓読 鹿背の山木立を茂み朝さらず来鳴き響もす鴬の声
かな かせのやま こだちをしげみ あささらず きなきとよもす うぐひすのこゑ
英語(ローマ字) KASENOYAMA KODACHIWOSHIGEMI ASASARAZU KINAKITOYOMOSU UGUHISUNOKOゑ
鹿背の山は木立が茂り、毎朝毎朝ウグイスがやってきて鳴き立てる。
左注 (右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也)
校異
用語 雑歌、作者:田辺福麻呂歌集、久邇京、新都讃美、京都、地名
タイトルとURLをコピーしました