万葉集 第6巻 932番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻932番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 932番歌

第6巻
歌番号932番歌
作者車持千年
題詞(車持朝臣千年作歌一首[并短歌])反歌一首
原文白浪之 千重来縁流 住吉能 岸乃黄土粉 二寶比天由香名
訓読白波の千重に来寄する住吉の岸の埴生ににほひて行かな
かなしらなみの ちへにきよする すみのえの きしのはにふに にほひてゆかな
英語(ローマ字)SHIRANAMINO CHIHENIKIYOSURU SUMINOENO KISHINOHANIFUNI NIHOHITEYUKANA
千重に押し寄せてくる白波の美しい住吉の岸の黄土(はにふ)。ここで着物を黄土粉で染めていきたいものだ。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:車持千年、難波、大阪、住吉、離宮、宮廷讃美、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました