万葉集 第6巻 931番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻931番歌はこちらにまとめました。

第6巻 931番歌

第6巻
歌番号 931番歌
作者 車持千年
題詞 車持朝臣千年作歌一首[并短歌]
原文 鯨魚取 濱邊乎清三 打靡 生玉藻尓 朝名寸二 千重浪縁 夕菜寸二 五百重<波>因 邊津浪之 益敷布尓 月二異二 日日雖見 今耳二 秋足目八方 四良名美乃 五十開廻有 住吉能濱
訓読 鯨魚取り 浜辺を清み うち靡き 生ふる玉藻に 朝なぎに 千重波寄せ 夕なぎに 五百重波寄す 辺つ波の いやしくしくに 月に異に 日に日に見とも 今のみに 飽き足らめやも 白波の い咲き廻れる 住吉の浜
かな いさなとり はまへをきよみ うちなびき おふるたまもに あさなぎに ちへなみよせ ゆふなぎに いほへなみよす へつなみの いやしくしくに つきにけに ひにひにみとも いまのみに あきだらめやも しらなみの いさきめぐれる すみのえのはま
英語(ローマ字) ISANATORI HAMAHEWOKIYOMI UCHINABIKI OFURUTAMAMONI ASANAGINI CHIHENAMIYOSE YUFUNAGINI IHOHENAMIYOSU HETSUNAMINO IYASHIKUSHIKUNI TSUKINIKENI HINIHINIMITOMO IMANOMINI AKIDARAMEYAMO SHIRANAMINO ISAKIMEGURERU SUMINOENOHAMA
浜辺が清らかなので、靡きながら生えている藻草に、朝の凪ぎ時に千重の波が寄せて来る。また夕なぎ時には五百重(いおえ)の波が寄せて来る。海岸に寄せてくる波はしきりにやってきて月ごとに、また日々に見るけれど、今の今見ればよいということがあろうか。飽きることがあろうか。白波が咲き誇るこの住吉の浜。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 短歌 [西] 短謌 [西(訂正)] 短歌 / 浪 波 [元][紀][細] / 日 [元][温][矢] 々
用語 雑歌、作者:車持千年、難波、大阪、住吉、離宮、宮廷讃美、羈旅、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました