万葉集 第6巻 930番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻930番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 930番歌

第6巻
歌番号930番歌
作者笠金村
題詞((冬十月幸于難波宮時笠朝臣金村作歌一首[并短歌])反歌二首)
原文海末通女 棚無小舟 榜出良之 客乃屋取尓 梶音所聞
訓読海人娘女棚なし小舟漕ぎ出らし旅の宿りに楫の音聞こゆ
かなあまをとめ たななしをぶね こぎづらし たびのやどりに かぢのおときこゆ
英語(ローマ字)AMAWOTOME TANANASHIWOBUNE KOGIDURASHI TABINOYADORINI KADINOOTOKIKOYU
海人娘女(あまをとめ)たちがさかんに小舟を漕ぎ出しているらしい。われわれ行幸一同が浜辺で宿(野宿)をとっていると、ここまで楫(ろ)の音が聞こえてくる。
左注
校異
用語雑歌、作者:笠金村、難波、大阪、離宮、宮廷讃美、羈旅、地名、神亀2年10月、年紀
タイトルとURLをコピーしました