万葉集 第6巻 958番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻958番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 958番歌

第6巻
歌番号958番歌
作者小野老
題詞(冬十一月大宰官人等奉拜香椎廟訖退歸之時馬駐于香椎浦各述作懐歌)大貳小野老朝臣歌一首
原文時風 應吹成奴 香椎滷 潮干b尓 玉藻苅而名
訓読時つ風吹くべくなりぬ香椎潟潮干の浦に玉藻刈りてな
かなときつかぜ ふくべくなりぬ かしひがた しほひのうらに たまもかりてな
英語(ローマ字)TOKITSUKAZE FUKUBEKUNARINU KASHIHIGATA SHIHOHINOURANI TAMAMOKARITENA
満潮時の風が吹く時刻が近づいてきた。香椎潟に潮が引いている内に玉藻を刈り終えてしまおう。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:小野老、福岡、香椎、太宰府、地名、植物、神亀5年11月、年紀
タイトルとURLをコピーしました