万葉集 第6巻 1025番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1025番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1025番歌

第6巻
歌番号1025番歌
作者橘諸兄
題詞(秋八月廿日宴右大臣橘家歌四首)
原文奥真經而 吾乎念流 吾背子者 千<年>五百歳 有巨勢奴香聞
訓読奥まへて我れを思へる我が背子は千年五百年ありこせぬかも
かなおくまへて われをおもへる わがせこは ちとせいほとせ ありこせぬかも
英語(ローマ字)OKUMAHETE WAREWOOMOHERU WAGASEKOHA CHITOSEIHOTOSE ARIKOSENUKAMO
奥深く私を思っていて下さるあなたの方こそ千年五百年もご健勝でいて下され。
左注右一首右大臣和歌
校異歳 年 [元][類][紀] / 歌 [西] 哥 [西(訂正)] 謌
用語雑歌、作者:橘諸兄、天平11年8月20日、年紀、宴席、長寿
タイトルとURLをコピーしました