万葉集 第6巻 1006番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1006番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1006番歌

第6巻
歌番号1006番歌
作者山部赤人
題詞(八年丙子夏六月幸于芳野離宮之時山<邊>宿祢赤人應詔作歌一首[并短歌])反歌一首
原文自神代 芳野宮尓 蟻通 高所知者 山河乎吉三
訓読神代より吉野の宮にあり通ひ高知らせるは山川をよみ
かなかむよより よしののみやに ありがよひ たかしらせるは やまかはをよみ
英語(ローマ字)KAMUYOYORI YOSHINONOMIYANI ARIGAYOHI TAKASHIRASERUHA YAMAKAHAWOYOMI
神代の昔から大君が幾代にも亘ってここ吉野の宮に通い続け、高々とお治めになるのは山や川が尊くすがすがしいからである。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:山部赤人、行幸、従駕、応詔、吉野、離宮、讃美、天平8年6月、年紀、地名
タイトルとURLをコピーしました