万葉集 第6巻 925番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻925番歌はこちらにまとめました。

第6巻 925番歌

第6巻
歌番号 925番歌
作者 山部赤人
題詞 ((山部宿祢赤人作歌二首[并短歌])反歌二首)
原文 烏玉之 夜之深去者 久木生留 清河原尓 知鳥數鳴
訓読 ぬばたまの夜の更けゆけば久木生ふる清き川原に千鳥しば鳴く
かな ぬばたまの よのふけゆけば ひさぎおふる きよきかはらに ちどりしばなく
英語(ローマ字) NUBATAMANO YONOFUKEYUKEBA HISAGIOFURU KIYOKIKAHARANI CHIDORISHIBANAKU
夜が更けてゆくにつれ、久木(ひさぎ)の生える清らかな川原では千鳥がしきりに鳴きたてている。
左注
校異
用語 雑歌、作者:山部赤人、吉野、行幸、宮廷讃美、地名、植物、動物、叙景
タイトルとURLをコピーしました