万葉集 第6巻 924番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻924番歌はこちらにまとめました。

第6巻 924番歌

第6巻
歌番号 924番歌
作者 山部赤人
題詞 (山部宿祢赤人作歌二首[并短歌])反歌二首
原文 三吉野乃 象山際乃 木末尓波 幾許毛散和口 鳥之聲可聞
訓読 み吉野の象山の際の木末にはここだも騒く鳥の声かも
かな みよしのの きさやまのまの こぬれには ここだもさわく とりのこゑかも
英語(ローマ字) MIYOSHINONO KISAYAMANOMANO KONURENIHA KOKODAMOSAWAKU TORINOKOゑKAMO
吉野の宮の宮滝の前にそびえる象山(きさやま)の谷間。その木々の梢には騒がしいまでにしきりに鳥の鳴く声が聞こえて来る。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:山部赤人、吉野、行幸、宮廷讃美、地名
タイトルとURLをコピーしました