万葉集 第6巻 907番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻907番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 907番歌

第6巻
歌番号 907番歌
作者 笠金村
題詞 養老七年癸亥夏五月幸于芳野離宮時笠朝臣金村作歌一首[并短歌]
原文 瀧上之 御舟乃山尓 水枝指 四時尓<生>有 刀我乃樹能 弥継嗣尓 萬代 如是二<二>知三 三芳野之 蜻蛉乃宮者 神柄香 貴将有 國柄鹿 見欲将有 山川乎 清々 諾之神代従 定家良思母
訓読 瀧の上の 三船の山に 瑞枝さし 繁に生ひたる 栂の木の いや継ぎ継ぎに 万代に かくし知らさむ み吉野の 秋津の宮は 神からか 貴くあるらむ 国からか 見が欲しからむ 山川を 清みさやけみ うべし神代ゆ 定めけらしも
かな たきのうへの みふねのやまに みづえさし しじにおひたる とがのきの いやつぎつぎに よろづよに かくししらさむ みよしのの あきづのみやは かむからか たふとくあるらむ くにからか みがほしくあらむ やまかはを きよみさやけみ うべしかむよゆ さだめけらしも
英語(ローマ字) TAKINOUHENO MIFUNENOYAMANI MIDUESASHI SHIJINIOHITARU TOGANOKINO IYATSUGITSUGINI YORODUYONI KAKUSHISHIRASAMU MIYOSHINONO AKIDUNOMIYAHA KAMUKARAKA TAFUTOKUARURAMU KUNIKARAKA MIGAHOSHIKUARAMU YAMAKAHAWO KIYOMISAYAKEMI UBESHIKAMUYOYU SADAMEKERASHIMO
滝の向こうに見える三船山のツガの枝は瑞々しく生い茂っている。そのようにも未来永劫にお治めになる(大君が)いらっしゃる吉野の秋津の宮は神々しく貴い。そんな神々しい吉野なので誰もが見たいと心惹かれる。山や川は清らかで清々しい。それ故遠い神代の時代からここに宮を作られたのはもっともだ。
左注
校異 歌 [西] 謌 / 作歌 [西] 作謌 [西(訂正)] 作歌 / 主 生 [元][類][紀] / 三 二[元][類][古]
用語 雑歌、作者:笠金村、吉野、地名、行幸、従駕、宮廷讃美、離宮、養老7年5月、年紀、植物、枕詞
タイトルとURLをコピーしました