万葉集 第6巻 946番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻946番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 946番歌

第6巻
歌番号 946番歌
作者 山部赤人
題詞 過<敏馬>浦時山部宿祢赤人作歌一首[并短歌]
原文 御食向 淡路乃嶋二 直向 三犬女乃浦能 奥部庭 深海松採 浦廻庭 名告藻苅 深見流乃 見巻欲跡 莫告藻之 己名惜三 間使裳 不遣而吾者 生友奈重二
訓読 御食向ふ 淡路の島に 直向ふ 敏馬の浦の 沖辺には 深海松採り 浦廻には なのりそ刈る 深海松の 見まく欲しけど なのりその おのが名惜しみ 間使も 遣らずて我れは 生けりともなし
かな みけむかふ あはぢのしまに ただむかふ みぬめのうらの おきへには ふかみるとり うらみには なのりそかる ふかみるの みまくほしけど なのりその おのがなをしみ まつかひも やらずてわれは いけりともなし
英語(ローマ字) MIKEMUKAFU AHADINOSHIMANI TADAMUKAFU MINUMENOURANO OKIHENIHA FUKAMIRUTORI URAMINIHA NANORISOKARU FUKAMIRUNO MIMAKUHOSHIKEDO NANORISONO ONOGANAWOSHIMI MATSUKAHIMO YARAZUTEWAREHA IKERITOMONASHI
御食(みけ)の国、淡路島に、まっすぐ正面に向かい合う敏馬(みぬめ)の浦。その沖では海中深くの海草、海松(みる)を採取する。浦の海岸周辺では名のりそを刈り取るという。深海松は是非見たいし、名のりそは名のるのが惜しくて、使いの者もやらず、どうしようもない。なので、生きた心地がしない。
左注 (右作歌年月未詳也 但以類故載於此<次>)
校異 驚 敏馬 [西(右書訂正)][元][紀][細] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 短歌 [西] 短謌 [西(訂正)] 短歌
用語 雑歌、作者:山部赤人、羈旅、兵庫、望郷、枕詞、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました