万葉集 第6巻 929番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻929番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 929番歌

第6巻
歌番号929番歌
作者笠金村
題詞(冬十月幸于難波宮時笠朝臣金村作歌一首[并短歌])反歌二首
原文荒野等丹 里者雖有 大王之 敷座時者 京師跡成宿
訓読荒野らに里はあれども大君の敷きます時は都となりぬ
かなあらのらに さとはあれども おほきみの しきますときは みやことなりぬ
英語(ローマ字)ARANORANI SATOHAAREDOMO OHOKIMINO SHIKIMASUTOKIHA MIYAKOTONARINU
(難波宮)は確かに荒野であるけれども、大君がいらっしゃってお治めになるので、都の体をなしている。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:笠金村、難波、大阪、離宮、宮廷讃美、羈旅、地名、神亀2年10月、年紀
タイトルとURLをコピーしました