万葉集 第6巻 934番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻934番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 934番歌

第6巻
歌番号934番歌
作者山部赤人
題詞(山部宿祢赤人作歌一首[并短歌])反歌一首
原文朝名寸二 梶音所聞 三食津國 野嶋乃海子乃 船二四有良信
訓読朝なぎに楫の音聞こゆ御食つ国野島の海人の舟にしあるらし
かなあさなぎに かぢのおときこゆ みけつくに のしまのあまの ふねにしあるらし
英語(ローマ字)ASANAGINI KADINOOTOKIKOYU MIKETSUKUNI NOSHIMANOAMANO FUNENISHIARURASHI
静かな朝の海(朝なぎ)に舟を漕ぐ梶の音が聞こえる。大君に水産物等を奉る国、野島の海人が操る舟であろうか。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:山部赤人、難波、大阪、離宮、宮廷讃美、羈旅、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました