万葉集 第6巻 1043番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1043番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1043番歌

第6巻
歌番号1043番歌
作者大伴家持
題詞(同月十一日登活道岡集一株松下飲歌二首)
原文霊剋 壽者不知 松之枝 結情者 長等曽念
訓読たまきはる命は知らず松が枝を結ぶ心は長くとぞ思ふ
かなたまきはる いのちはしらず まつがえを むすぶこころは ながくとぞおもふ
英語(ローマ字)TAMAKIHARU INOCHIHASHIRAZU MATSUGAEWO MUSUBUKOKOROHA NAGAKUTOZOOMOFU
いつまで生きられるか分かりませんが、こうして布を松の枝に結ぶのは長生きできますようにと祈る気持です。
左注右一首大伴宿祢家持作
校異
用語雑歌、作者:大伴家持、宴席、天平16年1月11日、年紀、永遠、寿、京都、久邇京、地名
タイトルとURLをコピーしました