万葉集 第6巻 995番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻995番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 995番歌

第6巻
歌番号 995番歌
作者 坂上郎女
題詞 大伴坂上郎女宴親族歌一首
原文 如是為乍 遊飲與 草木尚 春者生管 秋者落去
訓読 かくしつつ遊び飲みこそ草木すら春は咲きつつ秋は散りゆく
かな かくしつつ あそびのみこそ くさきすら はるはさきつつ あきはちりゆく
英語(ローマ字) KAKUSHITSUTSU ASOBINOMIKOSO KUSAKISURA HARUHASAKITSUTSU AKIHACHIRIYUKU
さあ皆様、このようにして存分に飲み、お歌い下さいませ。草や木でさへ、春は存分に咲き誇り、やがて秋には散ってゆきます。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:坂上郎女、宴席、植物
タイトルとURLをコピーしました