万葉集 第6巻 916番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻916番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 916番歌

第6巻
歌番号916番歌
作者車持千年
題詞((車持朝臣千年作歌一首[并短歌])或本反歌曰)
原文茜刺 日不並二 吾戀 吉野之河乃 霧丹立乍
訓読あかねさす日並べなくに我が恋は吉野の川の霧に立ちつつ
かなあかねさす ひならべなくに あがこひは よしののかはの きりにたちつつ
英語(ローマ字)AKANESASU HINARABENAKUNI AGAKOHIHA YOSHINONOKAHANO KIRINITACHITSUTSU
(都から離れて)多くの日数がたったわけでもないのに立ち上る霧を見ているとあの方への恋しさが募ってくる。
左注右年月不審 但以歌類載於此次焉 / 或本云 養老七年五月幸于芳野離宮之時作
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 五 [元][金][紀] 正
用語雑歌、作者:車持千年、吉野、行幸、従駕、讃美、羈旅、養老7年5月、年紀、或本歌、異伝、枕詞、恋情、地名
タイトルとURLをコピーしました