万葉集 第6巻 954番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻954番歌はこちらにまとめました。

第6巻 954番歌

第6巻
歌番号 954番歌
作者 膳王
題詞 膳王歌一首
原文 朝波 海邊尓安左里為 暮去者 倭部越 鴈四乏母
訓読 朝は海辺にあさりし夕されば大和へ越ゆる雁し羨しも
かな あしたは うみへにあさりし ゆふされば やまとへこゆる かりしともしも
英語(ローマ字) ASHITAHA UMIHENIASARISHI YUFUSAREBA YAMATOHEKOYURU KARISHITOMOSHIMO
日中は海辺で魚を漁り、夕方には大和へ超えていくそんな雁たちがうらやましい。
左注 右作歌之年不審<也> 但以歌類便載此次
校異 歌 [西] 謌 [西(別筆訂正)] 歌 / 越 [元][紀](塙) 超 / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / <> 也 [元][紀][細] / 以歌 [西] 以謌 [西(訂正)] 以歌
用語 雑歌、作者:膳王、羈旅、望郷、動物
タイトルとURLをコピーしました