万葉集 第6巻 1007番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1007番歌はこちらにまとめました。

第6巻 1007番歌

第6巻
歌番号 1007番歌
作者 市原王
題詞 市原王悲獨子歌一首
原文 言不問 木尚妹與兄 有云乎 直獨子尓 有之苦者
訓読 言問はぬ木すら妹と兄とありといふをただ独り子にあるが苦しさ
かな こととはぬ きすらいもとせと ありといふを ただひとりこに あるがくるしさ
英語(ローマ字) KOTOTOHANU KISURAIMOTOSETO ARITOIFUWO TADAHITORIKONI ARUGAKURUSHISA
物言わぬ木ですら妹や兄があるというのにこの私は一人っ子。辛く苦しい。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:市原王、独り、悲哀
タイトルとURLをコピーしました