万葉集 第6巻 1008番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1008番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1008番歌

第6巻
歌番号1008番歌
作者忌部黒麻呂
題詞忌部首黒麻呂恨友し来歌一首
原文山之葉尓 不知世經月乃 将出香常 我待君之 夜者更降管
訓読山の端にいさよふ月の出でむかと我が待つ君が夜はくたちつつ
かなやまのはに いさよふつきの いでむかと わがまつきみが よはくたちつつ
英語(ローマ字)YAMANOHANI ISAYOFUTSUKINO IDEMUKATO WAGAMATSUKIMIGA YOHAKUTACHITSUTSU
山の端に今か今かと待っている月の出のように友を待っているのになかなか来ない。もう夜は更けてきたのに。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:忌部黒麻呂、怨恨、待つ、宴席
タイトルとURLをコピーしました