万葉集 第6巻 1047番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1047番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1047番歌

第6巻
歌番号1047番歌
作者田辺福麻呂
題詞悲寧樂故郷作歌一首[并短歌]
原文八隅知之 吾大王乃 高敷為 日本國者 皇祖乃 神之御代自 敷座流 國尓之有者 阿礼将座 御子之嗣継 天下 所知座跡 八百萬 千年矣兼而 定家牟 平城京師者 炎乃 春尓之成者 春日山 御笠之野邊尓 櫻花 木晩牢 皃鳥者 間無數鳴 露霜乃 秋去来者 射駒山 飛火賀<す>丹 芽乃枝乎 石辛見散之 狭男<壮>鹿者 妻呼令動 山見者 山裳見皃石 里見者 里裳住吉 物負之 八十伴緒乃 打經而 思<煎>敷者 天地乃 依會限 萬世丹 榮将徃迹 思煎石 大宮尚矣 恃有之 名良乃京矣 新世乃 事尓之有者 皇之 引乃真尓真荷 春花乃 遷日易 村鳥乃 旦立徃者 刺竹之 大宮人能 踏平之 通之道者 馬裳不行 人裳徃莫者 荒尓異類香聞
訓読やすみしし 我が大君の 高敷かす 大和の国は すめろきの 神の御代より 敷きませる 国にしあれば 生れまさむ 御子の継ぎ継ぎ 天の下 知らしまさむと 八百万 千年を兼ねて 定めけむ 奈良の都は かぎろひの 春にしなれば 春日山 御笠の野辺に 桜花 木の暗隠り 貌鳥は 間なくしば鳴く 露霜の 秋さり来れば 生駒山 飛火が岳に 萩の枝を しがらみ散らし さを鹿は 妻呼び響む 山見れば 山も見が欲し 里見れば 里も住みよし もののふの 八十伴の男の うちはへて 思へりしくは 天地の 寄り合ひの極み 万代に 栄えゆかむと 思へりし 大宮すらを 頼めりし 奈良の都を 新代の ことにしあれば 大君の 引きのまにまに 春花の うつろひ変り 群鳥の 朝立ち行けば さす竹の 大宮人の 踏み平し 通ひし道は 馬も行かず 人も行かねば 荒れにけるかも
かなやすみしし わがおほきみの たかしかす やまとのくには すめろきの かみのみよより しきませる くににしあれば あれまさむ みこのつぎつぎ あめのした しらしまさむと やほよろづ ちとせをかねて さだめけむ ならのみやこは かぎろひの はるにしなれば かすがやま みかさののへに さくらばな このくれがくり かほどりは まなくしばなく つゆしもの あきさりくれば いこまやま とぶひがたけに はぎのえを しがらみちらし さをしかは つまよびとよむ やまみれば やまもみがほし さとみれば さともすみよし もののふの やそとものをの うちはへて おもへりしくは あめつちの よりあひのきはみ よろづよに さかえゆかむと おもへりし おほみやすらを たのめりし ならのみやこを あらたよの ことにしあれば おほきみの ひきのまにまに はるはなの うつろひかはり むらとりの あさだちゆけば さすたけの おほみやひとの ふみならし かよひしみちは うまもゆかず ひともゆかねば あれにけるかも
英語(ローマ字)YASUMISHISHI WAGAOHOKIMINO TAKASHIKASU YAMATONOKUNIHA SUMEROKINO KAMINOMIYOYORI SHIKIMASERU KUNINISHIAREBA AREMASAMU MIKONOTSUGITSUGI AMENOSHITA SHIRASHIMASAMUTO YAHOYORODU CHITOSEWOKANETE SADAMEKEMU NARANOMIYAKOHA KAGIROHINO HARUNISHINAREBA KASUGAYAMA MIKASANONOHENI SAKURABANA KONOKUREGAKURI KAHODORIHA MANAKUSHIBANAKU TSUYUSHIMONO AKISARIKUREBA IKOMAYAMA TOBUHIGATAKENI HAGINOEWO SHIGARAMICHIRASHI SAWOSHIKAHA TSUMAYOBITOYOMU YAMAMIREBA YAMAMOMIGAHOSHI SATOMIREBA SATOMOSUMIYOSHI MONONOFUNO YASOTOMONOWONO UCHIHAHETE OMOHERISHIKUHA AMETSUCHINO YORIAHINOKIHAMI YORODUYONI SAKAEYUKAMUTO OMOHERISHI OHOMIYASURAWO TANOMERISHI NARANOMIYAKOWO ARATAYONO KOTONISHIAREBA OHOKIMINO HIKINOMANIMANI HARUHANANO UTSUROHIKAHARI MURATORINO ASADACHIYUKEBA SASUTAKENO OHOMIYAHITONO FUMINARASHI KAYOHISHIMICHIHA UMAMOYUKAZU HITOMOYUKANEBA ARENIKERUKAMO
われらが大君が治めていらっしゃる大和の国は神の御代より代々お治めになっている皇祖の国である。生まれ出てくる御子たちが次々に治められるとかって定められた奈良の都はかげろうの立つ春ともなれば、春日山の御笠山の野辺に桜の花が咲く。その木陰で貌鳥(かほどり)(カッコウ)が絶え間なく鳴く。露霜の降りる秋ともなれば、生駒山の飛火が岳に萩の枝をからませ散らして、牡鹿が妻を呼んで鳴き立てる。山を見れば、見飽きることがなく、里は里で住み心地がよい。大宮人たちもずっと長らく思っていたことは、天地の果てのさきまで、代々ずっと栄え続けると思って大宮を頼みにしていた奈良の都。 新しい時代になったということで、大君の仰せのままに、都を遷され、春の花々が移り変わり、群れ鳥がいっせいに飛び立つように、大宮人たちは立ち去っていった。かっては大宮人たちが踏みならして通った奈良の都の道は馬も人も行かなくなり、すっかり荒れ果ててしまった。
左注(右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 短歌 [西] 短謌 [西(訂正)] 短歌 / 塊 す [元][細] / 牡 壮 [元][紀][細][温] / 並 煎 [定本] / 踏 [元][類](塙) 蹈
用語雑歌、作者:田辺福麻呂歌集、哀惜、平城京、荒都歌、動物、植物、奈良、地名
タイトルとURLをコピーしました