万葉集 第6巻 1046番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1046番歌はこちらにまとめました。

第6巻 1046番歌

第6巻
歌番号 1046番歌
作者 作者不詳
題詞 (傷惜寧樂京荒墟作歌三首 [作者不審])
原文 石綱乃 又變若反 青丹吉 奈良乃都乎 又将見鴨
訓読 岩綱のまた変若ちかへりあをによし奈良の都をまたも見むかも
かな いはつなの またをちかへり あをによし ならのみやこを またもみむかも
英語(ローマ字) IHATSUNANO MATAWOCHIKAHERI AWONIYOSHI NARANOMIYAKOWO MATAMOMIMUKAMO
岩に巻いた綱が元に戻ってくるように、奈良の都が復帰して元のきらびやかな姿を再び見られるだろうか。
左注
校異
用語 雑歌、哀惜、平城京、荒都歌、奈良、京都
タイトルとURLをコピーしました