万葉集 第6巻 938番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻938番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 938番歌

第6巻
歌番号938番歌
作者山部赤人
題詞山部宿祢赤人作歌一首[并短歌]
原文八隅知之 吾大王乃 神随 高所知流 稲見野能 大海乃原笶 荒妙 藤井乃浦尓 鮪釣等 海人船散動 塩焼等 人曽左波尓有 浦乎吉美 宇倍毛釣者為 濱乎吉美 諾毛塩焼 蟻徃来 御覧母知師 清白濱
訓読やすみしし 我が大君の 神ながら 高知らせる 印南野の 大海の原の 荒栲の 藤井の浦に 鮪釣ると 海人舟騒き 塩焼くと 人ぞさはにある 浦をよみ うべも釣りはす 浜をよみ うべも塩焼く あり通ひ 見さくもしるし 清き白浜
かなやすみしし わがおほきみの かむながら たかしらせる いなみのの おふみのはらの あらたへの ふぢゐのうらに しびつると あまぶねさわき しほやくと ひとぞさはにある うらをよみ うべもつりはす はまをよみ うべもしほやく ありがよひ みさくもしるし きよきしらはま
英語(ローマ字)YASUMISHISHI WAGAOHOKIMINO KAMUNAGARA TAKASHIRASERU INAMINONO OFUMINOHARANO ARATAHENO FUDIゐNOURANI SHIBITSURUTO AMABUNESAWAKI SHIHOYAKUTO HITOZOSAHANIARU URAWOYOMI UBEMOTSURIHASU HAMAWOYOMI UBEMOSHIHOYAKU ARIGAYOHI MISAKUMOSHIRUSHI KIYOKISHIRAHAMA
われらが大君が神ながら支配される印南野の邑美(おふみ)の原は藤井の浦にマグロを釣ろうと漁師の舟がひしめき合う。塩を焼き出そうと浜に多くの人々が集まっている。良い浦なので釣り舟が集まるのももっとも。良い浜なので塩焼きに人が集まるのももっとも。こんな具合だから大君がたびたび通い、ご覧になるというものだ。何という清らかな白浜だろう。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 短歌 [西] 短謌 [西(訂正)] 短歌 / 流 [元][紀] 須
用語雑歌、作者:山部赤人、播磨、兵庫、羈旅、土地讃美、枕詞、地名
タイトルとURLをコピーしました