万葉集 第6巻 981番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻981番歌はこちらにまとめました。

第6巻 981番歌

第6巻
歌番号 981番歌
作者 坂上郎女
題詞 大伴坂上郎女月歌三首
原文 猟高乃 高圓山乎 高弥鴨 出来月乃 遅将光
訓読 狩高の高円山を高みかも出で来る月の遅く照るらむ
かな かりたかの たかまとやまを たかみかも いでくるつきの おそくてるらむ
英語(ローマ字) KARITAKANO TAKAMATOYAMAWO TAKAMIKAMO IDEKURUTSUKINO OSOKUTERURAMU
猟高(かりたか)の高円山(たかまどやま)が高いせいか月が出て来るのが遅いですこと。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:坂上郎女、題詠、奈良、地名
タイトルとURLをコピーしました