万葉集 第6巻 980番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻980番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 980番歌

第6巻
歌番号980番歌
作者阿部虫麻呂(安倍虫麻呂)
題詞安倍朝臣蟲麻呂月歌一首
原文雨隠 三笠乃山乎 高御香裳 月乃不出来 夜者更降管
訓読雨隠り御笠の山を高みかも月の出で来ぬ夜はくたちつつ
かなあまごもり みかさのやまを たかみかも つきのいでこぬ よはくたちつつ
英語(ローマ字)AMAGOMORI MIKASANOYAMAWO TAKAMIKAMO TSUKINOIDEKONU YOHAKUTACHITSUTSU
雨に閉じこめられてしまったかのように高い御笠山からなかなか月が顔を出さない。夜が更けていくのに。
左注
校異歌 [西] 謌
用語雑歌、作者:安倍虫麻呂、題詠、地名、奈良
タイトルとURLをコピーしました