万葉集 第6巻 982番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻982番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 982番歌

第6巻
歌番号982番歌
作者坂上郎女
題詞(大伴坂上郎女月歌三首)
原文烏玉乃 夜霧立而 不清 照有月夜乃 見者悲沙
訓読ぬばたまの夜霧の立ちておほほしく照れる月夜の見れば悲しさ
かなぬばたまの よぎりのたちて おほほしく てれるつくよの みればかなしさ
英語(ローマ字)NUBATAMANO YOGIRINOTACHITE OHOHOSHIKU TERERUTSUKUYONO MIREBAKANASHISA
夜霧でぼうっと霞んで照っている月を見るともの悲しくなる。
左注
校異玉乃 [類][紀](塙) 玉
用語雑歌、作者:坂上郎女、題詠、枕詞
タイトルとURLをコピーしました