万葉集 第6巻 983番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻983番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 983番歌

第6巻
歌番号 983番歌
作者 坂上郎女
題詞 (大伴坂上郎女月歌三首)
原文 山葉 左佐良榎<壮>子 天原 門度光 見良久之好藻
訓読 山の端のささら愛壮士天の原門渡る光見らくしよしも
かな やまのはの ささらえをとこ あまのはら とわたるひかり みらくしよしも
英語(ローマ字) YAMANOHANO SASARAEWOTOKO AMANOHARA TOWATARUHIKARI MIRAKUSHIYOSHIMO
山の端に顔を出した可愛い愛壮士(えをとこ)くん、これから天空を渡って光り輝く君は見るも美しい。
左注 右一首歌或云 月別名曰佐散良衣壮<士>也 縁此辞作此歌
校異 牡 壮 [紀][温][矢] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 哥 / 此歌 [西] 此謌 / <> 士 [類][紀][細]
用語 雑歌、作者:坂上郎女、題詠、月
タイトルとURLをコピーしました