万葉集 第6巻 991番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻991番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 991番歌

第6巻
歌番号991番歌
作者紀鹿人
題詞同鹿人至泊瀬河邊作歌一首
原文石走 多藝千流留 泊瀬河 絶事無 亦毛来而将見
訓読石走りたぎち流るる泊瀬川絶ゆることなくまたも来て見む
かないはばしり たぎちながるる はつせがは たゆることなく またもきてみむ
英語(ローマ字)IHABASHIRI TAGICHINAGARURU HATSUSEGAHA TAYURUKOTONAKU MATAMOKITEMIMU
岩に当たって激しくほとばしらせながら流れる泊瀬川、いつまでも絶えることなく流れ下り続けるに相違ない。またやってきて見てみたいものだ。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:紀鹿人、桜井、奈良、土地讃美、大伴荘園、地名
タイトルとURLをコピーしました