万葉集 第6巻 996番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻996番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 996番歌

第6巻
歌番号996番歌
作者海犬養岡麻呂
題詞六年甲戌海犬養宿祢岡麻呂應詔歌一首
原文御民吾 生有驗在 天地之 榮時尓 相樂念者
訓読御民我れ生ける験あり天地の栄ゆる時にあへらく思へば
かなみたみわれ いけるしるしあり あめつちの さかゆるときに あへらくおもへば
英語(ローマ字)MITAMIWARE IKERUSHIRUSHIARI AMETSUCHINO SAKAYURUTOKINI AHERAKUOMOHEBA
大君の民として生きている甲斐がございます。大君の世がこうして栄えている時に生まれ合わせたことを思うと幸せでございます。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:海犬養岡麻呂、応詔、天平6年、年紀
タイトルとURLをコピーしました