万葉集 第6巻 926番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻926番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 926番歌

第6巻
歌番号926番歌
作者山部赤人
題詞(山部宿祢赤人作歌二首[并短歌])
原文安見知之 和期大王波 見吉野乃 飽津之小野笶 野上者 跡見居置而 御山者 射目立渡 朝猟尓 十六履起之 夕狩尓 十里さ立 馬並而 御<猟>曽立為 春之茂野尓
訓読やすみしし 我ご大君は み吉野の 秋津の小野の 野の上には 跡見据ゑ置きて み山には 射目立て渡し 朝狩に 獣踏み起し 夕狩に 鳥踏み立て 馬並めて 御狩ぞ立たす 春の茂野に
かなやすみしし わごおほきみは みよしのの あきづのをのの ののへには とみすゑおきて みやまには いめたてわたし あさがりに ししふみおこし ゆふがりに とりふみたて うまなめて みかりぞたたす はるのしげのに
英語(ローマ字)YASUMISHISHI WAGOOHOKIMIHA MIYOSHINONO AKIDUNOWONONO NONOHENIHA TOMISUゑOKITE MIYAMANIHA IMETATEWATASHI ASAGARINI SHISHIFUMIOKOSHI YUFUGARINI TORIFUMITATE UMANAMETE MIKARIZOTATASU HARUNOSHIGENONI
我れらが大君は、吉野の秋津の野に、鳥獣の足跡を探る役目の者を置き、山には鳥獣を射る者を射目(いめ)に配置し、朝の狩りには獣を追い立て、夕狩りには鳥を追い立たせ、馬を並べて御狩をなさる。春の草木が茂る野で。
左注(右不審先後 但以便故載於此<次>)
校異狩 猟 [元][紀][細]
用語雑歌、作者:山部赤人、吉野、行幸、宮廷讃美、地名、枕詞、動物
タイトルとURLをコピーしました