万葉集 第6巻 927番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻927番歌はこちらにまとめました。

第6巻 927番歌

第6巻
歌番号 927番歌
作者 山部赤人
題詞 (山部宿祢赤人作歌二首[并短歌])反歌一首
原文 足引之 山毛野毛 御<猟>人 得物矢手<挟> 散動而有所見
訓読 あしひきの山にも野にも御狩人さつ矢手挾み騒きてあり見ゆ
かな あしひきの やまにものにも みかりひと さつやたばさみ さわきてありみゆ
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMANIMONONIMO MIKARIHITO SATSUYATABASAMI SAWAKITEARIMIYU
山中にも野原にも狩りを楽しむ人たちが弓矢を手挟んで走り回っているのが見える。
左注 右不審先後 但以便故載於此<次>
校異 狩 猟 [元][類][細] / 狭 挟 [元][古][紀] / 歟 次 [西(右書訂正)][元][古][紀]
用語 雑歌、作者:山部赤人、吉野、行幸、宮廷讃美、狩猟、地名
タイトルとURLをコピーしました