万葉集 第6巻 1063番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1063番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1063番歌

第6巻
歌番号1063番歌
作者田辺福麻呂
題詞(難波宮作歌一首[并短歌])反歌二首
原文有通 難波乃宮者 海近見 <漁>童女等之 乗船所見
訓読あり通ふ難波の宮は海近み海人娘子らが乗れる舟見ゆ
かなありがよふ なにはのみやは うみちかみ あまをとめらが のれるふねみゆ
英語(ローマ字)ARIGAYOFU NANIHANOMIYAHA UMICHIKAMI AMAWOTOMERAGA NORERUFUNEMIYU
いつも通う難波の宮は海が近いので、海人(あま)の娘子(おとめ)たちが乗っている舟が見える。
左注(右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / <> 漁 [西(右書)] 海 [元][類][紀]
用語雑歌、作者:田辺福麻呂歌集、難波、大阪、新都讃美、地名
タイトルとURLをコピーしました