万葉集 第6巻 1064番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1064番歌はこちらにまとめました。

第6巻 1064番歌

第6巻
歌番号 1064番歌
作者 田辺福麻呂
題詞 ((難波宮作歌一首[并短歌])反歌二首)
原文 塩干者 葦邊尓せ 白鶴乃 妻呼音者 宮毛動響二
訓読 潮干れば葦辺に騒く白鶴の妻呼ぶ声は宮もとどろに
かな しほふれば あしへにさわく しらたづの つまよぶこゑは みやもとどろに
英語(ローマ字) SHIHOFUREBA ASHIHENISAWAKU SHIRATADUNO TSUMAYOBUKOゑHA MIYAMOTODORONI
潮が引くと葦辺に、白鶴たちが妻を呼んで鳴き騒ぐ声が宮もとどろに響き渡る。
左注 (右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也)
校異
用語 雑歌、作者:田辺福麻呂歌集、難波、大阪、新都讃美、地名
タイトルとURLをコピーしました