万葉集 第6巻 1040番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1040番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1040番歌

第6巻
歌番号 1040番歌
作者 大伴家持
題詞 安積親王宴左少辨藤原八束朝臣家之日内舎人大伴宿祢家持作歌一首
原文 久堅乃 雨者零敷 念子之 屋戸尓今夜者 明而将去
訓読 ひさかたの雨は降りしけ思ふ子がやどに今夜は明かして行かむ
かな ひさかたの あめはふりしけ おもふこが やどにこよひは あかしてゆかむ
英語(ローマ字) HISAKATANO AMEHAFURISHIKE OMOFUKOGA YADONIKOYOHIHA AKASHITEYUKAMU
雨よふれふれもっとふれ彼女の家で夜を明かそうぞ。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:大伴家持、安積皇子、藤原八束、宴席、京都、地名、久邇京
タイトルとURLをコピーしました