万葉集 第6巻 1041番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1041番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1041番歌

第6巻
歌番号1041番歌
作者作者不詳
題詞十六年甲申春正月五日諸卿大夫集安倍蟲麻呂朝臣家宴歌一首 [作者不審]
原文吾屋戸乃 君松樹尓 零雪<乃> 行者不去 待西将待
訓読我がやどの君松の木に降る雪の行きには行かじ待にし待たむ
かなわがやどの きみまつのきに ふるゆきの ゆきにはゆかじ まちにしまたむ
英語(ローマ字)WAGAYADONO KIMIMATSUNOKINI FURUYUKINO YUKINIHAYUKAJI MACHINISHIMATAMU
我が家の家の松に雪が降っている。出迎えに出るのはやめにしてひたすらお待ちしましょう。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 之 乃 [元][類][紀]
用語雑歌、安倍虫麻呂、宴席、京都、久邇京、地名、天平16年1月5日、年紀
タイトルとURLをコピーしました