万葉集 第6巻 993番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻993番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 993番歌

第6巻
歌番号 993番歌
作者 坂上郎女
題詞 同坂上郎女初月歌一首
原文 月立而 直三日月之 眉根掻 氣長戀之 君尓相有鴨
訓読 月立ちてただ三日月の眉根掻き日長く恋ひし君に逢へるかも
かな つきたちて ただみかづきの まよねかき けながくこひし きみにあへるかも
英語(ローマ字) TSUKITACHITE TADAMIKADUKINO MAYONEKAKI KENAGAKUKOHISHI KIMINIAHERUKAMO
月がかわって三日目の三日月のような眉をかき、きちんと身なりを整えて長らく心待ちにしていたあなたに逢うことができました。
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 雑歌、作者:坂上郎女、相聞
タイトルとURLをコピーしました