万葉集 第6巻 943番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻943番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 943番歌

第6巻
歌番号943番歌
作者山部赤人
題詞(過辛荷嶋時山部宿祢赤人作歌一首[并短歌])反歌三首
原文玉藻苅 辛荷乃嶋尓 嶋廻為流 水烏二四毛有哉 家不念有六
訓読玉藻刈る唐荷の島に島廻する鵜にしもあれや家思はずあらむ
かなたまもかる からにのしまに しまみする うにしもあれや いへおもはずあらむ
英語(ローマ字)TAMAMOKARU KARANINOSHIMANI SHIMAMISURU UNISHIMOAREYA IHEOMOHAZUARAMU
藻を刈り取っている唐荷島をめぐる鵜の鳥だとでもいうのか、この私は。いえいえ鵜ではないから故郷(大和)が恋しくてならない。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:山部赤人、羈旅、望郷、兵庫、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました